ネイルサロン開業の届け出ってどこに提出するの?

今まで自分で商売をした事が無ければ

分かるはずもありませんよね。


特にネイルサロンの場合

まだまだ、新しい分野の商売ですから。

管轄している省庁する分かりません。

じゃあ、どうするの?

はい。

実は、ネイルサロンは

特に開業届けを提出する必要はありません。


一応、美容業になるのですが。

美容業は美容業でも

美容室とは全く違う扱いなのです。

保健所が関わっている訳でも無く。

実は、ネイルサロンの場合

「ネイルサロンを始めました〜。」

って自分で宣言した時点で

開業した事になるんです。


どこにも許可を得る必要は無いのです。

本当に良い商売です。

しかし!お金の事に関しては別の話・・・

でも、お金の話になると

全く別になります。

税務署です・・・

自分で商売を始める以上

税金の話は避けては通れません。

いや〜、面倒ですよ。

税金の事は、税のプロ。

税理士さんに任せておくのが

一番良いです。


どこの、企業、お店も、

税理士さんと顧問契約を結んで

税金の事は

お任せしていると思います。

そのほうが、経営に集中できますので。

自分に合った【税理士さん】を紹介して貰おう〜!


ネイルサロンを経営していると言う事は、

税金関係の書類は、税務署に

提出する必要がありますよ〜。

売上、損益、経費、毎日 帳簿を付けて

最終的に幾ら税金を払うべきか?

まあ、黒字にならないと

法人税は掛かりませんけどね〜。


自分に合った【税理士さん】を紹介して貰おう〜!


MENU